中小企業診断士を目指すデータサイエンス農家のブログ in 高知

農業 / データサイエンス / 中小企業診断士試験 / 高知の自然

【スポンサーリンク】

終戦から 77 年、日本が変わるきっかけとは?: 2022 年 8 月 15 日

【目次】

昨日の疲れからか、今朝は 6 時起床。仕事中も眠くて仕方がなかったですね。普段より多めに、カフェイン錠剤を飲んでしまいました。しかし効果は実感できず。

今日は珍しくデスクワーク多め。簡単な書類作成。クーラーの効いている部屋でデスクワークしていると、圃場へ戻る気が失せますね。

終戦から 77 年

仕事中、デモクラシータイムスの動画をバックグラウンド再生。

明治維新から日本の太平洋戦争敗戦までの期間は、77 年あるんですが、今年は、太平洋戦争敗戦から 77 年目の年。

そういうタイムスパンを経て、私たちは今、2022 年の日本を生きているという話。

動画のなかでいくつか印象的だった点についてメモ。

以下のメモは基本的に、動画の中で印象的な点であって、わたしの意見ではありません

なぜ日本はアメリカを信頼しきっているのか

日本人には「戦争になったらアメリカが守ってくれる」「アメリカが守ってくれるから戦争にならない」といった考えの人がいますよね (私もどちらかというとそういうふうに呑気に考えていました。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻によって「アメリカが守ってくれる」幻想から覚めた人は多いと思いますが)。

ではなぜそのような幻想を抱いているのかというと...、それはマッカーサー天皇を守ったから。だから日本人のなかにはアメリカを信用し切っちゃてる人がいる、とのことです。

現在の天皇の立ち位置

明治維新から太平洋戦争の敗戦までの時期が、天皇にとって特異な時期であって、現在のように「権力はあるが政治には口を出さない」とうう立ち位置はむしろ、天皇にとって自然。

そして昭和天皇は、優れた政治手腕で、戦争に負けたにも関わらず、天皇制を維持し、かつ、本来の天皇制 = 象徴天皇制へと移行させた。

日本は外圧によって大きく政変する。さて、次の外圧は?

米中戦争。日本は、天皇制を存続させてくれたという恩義がアメリカにあるから、米中戦争になればアメリカに従う義理がある。なので実質は日中戦争になる。

政治家の集票システムにカルト団体が絡んでいたり、このことについて公安の偉い人がシラを切ったりしている 2022 年、それでも国民は呑気に暮らしているが、ペリー来航然り、原爆投下然りで、日本はこれまで外圧によって国内事情が大きく変化してきた。では次の外圧は? 米中戦争ということになる。

とのことです。もう一度言いますが、以上、日本がアメリカを信頼しきっている理由とか、現在の天皇制の評価とか、米中戦争によって日本が変わるとかというのは、動画の中の専門家の意見であって、私の意見ではありません。これを踏まえて私たち一般市民 (あえて「国民」という言葉は使いませんが) はどのように振る舞うべきか、日頃から考えておくべきですね。

【スポンサーリンク】