高知の田舎で耕すデータサイエンス農家のブログ

「高知と農業、あと哲学とか」からブログタイトルを一時変更中です

【スポンサーリンク】

農業簿記

農業簿記における取引

簿記でいう取引とは、経営の資産、負債、資本、収益、費用のいずれかに変動を起こすことがらをいいます。取引が発生すると、帳簿に記録しなければなりません。 取引の意味 取引の二重性と貸借平均の原理 取引要素の結合関係の例 取引の意味 簿記の取引は、日…

農業簿記における勘定科目と元帳

農業簿記における勘定科目と元帳についてみていきましょう。 [目次] 勘定と勘定科目 勘定口座と元帳 勘定口座の記入方法 勘定と勘定科目 複式簿記では、資産・負債・資本・収益・費用の変動を記帳して経営成績及び財政状態を明らかにします。その場合、資産…

簿記の基本

[目次] 資産・負債・資本と貸借対照表 資産と負債 資本 貸借対照表 例 借方・貸方について 費用、収益と損益計算書 費用と収益 損益の発生しない資本の減少、増加について 損益計算書 例 資産・負債・資本と貸借対照表 資産と負債 簿記では、経営が所有して…

農業会計の特質

農業を経営するうえで、その収入・支出を事業として記録すること、つまり会計は必須です。農業における会計は、その他の事業の会計とは異なります。農業会計は、他の会計とどのように違うのでしょうか。この点についてみていきましょう。 [目次] 土地を多面…

【スポンサーリンク】