中小企業診断士を目指すデータサイエンス農家のブログ in 高知

農業 / データサイエンス / 中小企業診断士試験 / 高知の自然

【スポンサーリンク】

日本の右翼と米軍基地について

YouTube でデモクラシータイムズの動画、「安倍国葬 民族派は反対する 木村三浩さん(一水会代表)」を視聴し、毎日公開している日記の方で感想を書いていたら長くなったので、独立記事にしました。

【目次】

デモクラシータイムズは左翼系の番組なんですが、今回視聴した動画は右翼系の一水会との対談。

こういうのことってあるんですねー。

左派と右派が揃って安倍氏国葬に反対していたのが興味深いですね。

一水会の立ち位置

右派と保守は違うと、はっきり言ってましたね。一水会は「民族主義」で、日本が民族として日本という国を独立国家たらしめないといけないという立ち位置。日本が本当の意味で独立国家になる条件の 1 つとして、国防を在日米軍に頼るのではなく、日本自らによる軍事力を強化。

現代日本の保守とどう違うのかというと、一水会からすると、現代日本の保守は「親米保守」。アメリカと仲良くしましょうね、基地もそのままでいいですよ、というのが現代日本の保守。一水会はそうではなく、アメリカ軍には日本から出て行ってもらって、日本は日本人が守りましょう、という考え方。

米軍基地の問題点

米軍基地の何がいちばんの問題なのかというと、アメリカから直接、在日米軍基地を経由して日本に入国する場合、日本の入国審査を受けていないという点。

だから、日本の入国審査を受けずに、アメリカから直接、在日米軍基地を経由して日本へ入国し、そういったアメリカ人が六本木やらどこやらで遊んでいることもある、ということになります。

これは大問題で、こんな事態が許されているうちは日本はちゃんとした主権国家ではない。

安倍元首相は国葬に値するか?

こういった問題に取り組まず、アメリカにへこへこしてけっきょく北方領土も戻ってこなかった、民族主義的右派からすると、安倍元首相の政治実績は、国葬に値しない。

といったことを、一水会は考えているようです。

在日米軍基地経由のアメリカ人の入国は是正されるべき

以上は一水会の考えで、私の考えではありませんので。私は日本が戦争が起きそうになったら戦争に関係ない国へ脱出して平和に過ごしたいと考えるタイプの人間です。国の税金で作った無償の教科書で教育を受けたからと言って、国に感謝しなければいけないなんて毛頭思いません。日本は好きだし、天皇制は存続するべきだし (人権問題はありますが...) 日本人に生まれてラッキーとは思ってますが、だからと言って私は自由に生きたいし、愛国心を強制される筋合いは一切ありません。

ただ、在日米軍基地を経由してアメリカ人が日本の入国審査を受けずに来日しているというのは私もおかしいと思います。是正するべきですね。

【スポンサーリンク】