高知と農業、あと哲学とか

農業のこと, 高知のことなどなど. ゆるゆる更新する雑記ブログ

【スポンサーリンク】

スマホ用 VR ゴーグルなら絶対これ! エレコム「P-VRGEI01」レビュー

2016年ごろからじわじわと注目を集めているVR。

VR が注目を集めているぞ、と言うのは何となくわかってはいたんですが、しかし VR 登場当初は専用機材 = VR ゴーグルの価格の高さからなかなか手を出せずにいました。たとえば PSVR は 5 万円くらいしますからね。

スマホで VR を楽しめる時代に

が、ぼやぼやと、VR に興味を持っているがしかし手を出せずにいるという状態が続いているうちに、どんどんテクノロジーが進化し、最近ではいつの間にか「スマホでVRを見られる」ようになりました。凄い時代ですね。

VR をスマホで楽しむのであれば、PSVR みたいな、何万円もするような VR 特化型のゴーグルを買う必要はありません。スマホをセットするための VR ゴーグルさえあればいいわけです。そのスマホ用の VR ゴーグルは、VR 特化型ゴーグルに比べて価格が格段に安い。「ちょっとお試し」というようなケースにおいて、すごく入手しやすいわけですね。

スマホ用 VR ゴーグルって種類がたくさんあって何を選んでいいかわらかない!

ただ、気になるのは、種類が多すぎて一体どれを買えばいいのか迷ってしまうとことです。安過ぎるのはVRの体験を存分に楽しめないのが目に見えてますし、しかしあんまり高価なものも 1 台目に買うのにはちょっと手を出しづらいですよね。

ということで、色々とインターネットなどで調べていましたが、結局店頭でぴんときたものを購入しました。それが、エレコムの「P-VRGEI01」です。買ったのはこの記事を書く 1 週間くらい前ですね

 



 

ちょっとお試しするためのスマホ用 VR ゴーグルは、ネットでは 1,000円とか2,000円でありますが、今回購入したエレコムの「P-VRGEI01」は、店頭価格で約5,000円。1,000円や 2,000 円に比べるとちょっと値は張るもしれませんが、結論から言うと5,000円で損した感はゼロです。むしろこれを選んで本当に良かった!!!!!

ということで、1 週間使用した感想などを書いていきたいと思います。

エレコム「P-VRGEI01」の魅力

今回、VR ゴーグルを選ぶにあたり重視したのは、iPhone 7 対応であること。iPhone 7 対応である事は、重視と言うより必須と言う感じですが。それから、ヘッドバンドがあること。自分の手で固定することなく VR を楽しむことはとても重要なんですが、というのも、後から詳しく説明しますが、スマホ用の VR ゴーグルでは、スマホを遠隔操作するためのリモコンが必須だからです。そして、ゴーグルにイヤホンあるいはヘッドフォンが付いていること。VR 動画を楽しむために、いちいちベッドイヤホンならヘッドフォンを用意するのはあまりスマートではないかな、と思ったからです。もちろん、自分の好きな音質で楽しむためには、VRゴーグルとは別にヘッドフォンなりイヤホンなりを準備しなければなりませんが…

こうした選択基準をクリアしているのが「P-VRGEI01」です。さらに「P-VRGEI01」は、上記のような機能のほかに、手動ではありますがピント調節する機能も付いています。VR 動画では、ピント調節は必須です。ピント調節するのは少しめんどくさいところではありますが、ピントがバッチリ合うと、VR を存分に楽しむことができます。

VR ゴーグル用リモコンは必須

VR ゴーグルのほかに必ず準備しておきたいのが、リモコンです。これは実質的には、iPhoneBluetoothで操作するための機材です。鑑賞中は、早送りや一時停止、音量調整のために iPhone の画面を操作すると VR  体験の魅力が半減してしまいます。画面をタッチすることなく VR 動画を操作するためには、リモコンが必要です。今回買ったのは、同じエレコム製のエレコムの「P-VRGEI01」。使用上、特に難しいこともなく問題ありません。

スマホ用 VR ゴーグルを楽しむ際の注意点

ではここから、スマホ用 VR ゴーグルを存分に 楽しむためのちょっとした注意点について述べたいと思います。

VR ゴーグルは、しっかりと固定されていないと、画面がふらついてしまい、全く楽しむことができません。ですので、これは VR と言うよりは鑑賞者の身体的な注意点ですが、鑑賞者の身体がある程度安定したところで使用しましょう。こういうふうに言うと、VRを楽しむのは少し窮屈かもしれないと思われるかもしれませんが、実際は、VR 動画没入感により、身動きがあまり取れないと言うのはそこまで問題になりません。

もう一つ大事なのが、仰向けになって VR 動画をいかに楽しむかという点です。仰向けになって楽しむためには、スマホを VR ゴーグルにセットする前に、スマホ画面を指でタッチして操作して調整するほかありません。あるいは、少し大きめの枕や、逆に小さめのクッションなどで自分の体を起こすことで、疑似的に寝たまま VR 動画を楽しんでいる状態を作り出すことができるでしょう。

仰向けになった際、VR 動画がどういう具合に映っているのかをある程度しっかり把握するためには、指で実際に操作した方がいいかもしれません。

こういった操作は、最初かなり面倒臭いのですが、しかし慣れてしまえばスムーズに行うことができます。リラックスした姿勢で VR 動画を楽しむためには、少しだけ我慢してちょっとしたコツを掴むようにしましょう。

最初の 1 台に、エレコム「P-VRGEI01」

ここまでで、VR ゴーグル、エレコム「P-VRGEI01」の魅力と、VRを楽しむための注意点について紹介してきました。今のところ「P-VRGEI01」については大満足です。ただし、まだ使用し始めて1週間程度ですので、耐久性についてはまだわかりません。

が、VR 体験は本当にすばらしいもの。スマホ用の VR を、最初の1台としてまずはお試しで、でもある程度のクオリティーは確保したいという方に「P-VRGEI01」をオススメしたいですね。

 


【スポンサーリンク】