高知と農業、あと哲学とか

農業のこと, 高知のことなどなど. ゆるゆる更新する雑記ブログ

【スポンサーリンク】

誰もいない地方シティ・ホテルのラノベ感

ふと思い立って、車で自宅から 45 分程度であるにもかかわらず何故か 1 泊 2 日してしまった高知県安芸市への小旅行。

前回までで、伊尾木洞や東山森林公園、大山岬、そして安芸市内の史跡についてご紹介しましたが、

 

www.xtraetc.xyz

www.xtraetc.xyz

www.xtraetc.xyz

www.xtraetc.xyz

www.xtraetc.xyz

 

今回は宿泊したホテル・タマイについて。

前回の記事でも書きましたが、このホテル・タマイ、いわゆる「大人の」アミューズメント施設が経営しているんですよね〜、ということで、どうなんかな〜、てなってましたが、結論から言うと、色んな意味でスゴく良かったです!

で、ホテル・タマイってそもそもどんなんよ、ていう方は、まあ、ふつうに、公式サイトを見ていただくとして、

ho

tel-tamai.net

まあ、そのですね、公式サイトを観る限りでは、リゾート、太平洋を臨む、的な、そういう、素敵な文言が並んでいるわけですが、いや、この辺も正解で、正しい! 正に! というところなんですが、先ず、ホテル・タマイの良いところはですね、さすが、アミューズメント施設が運営している宿泊施設、1 階がそのまんまアミューズメント施設というだけあって、駐車場がただっ広い (笑)。

ですので、けっこう出し入れが便利。なんですが、注意しなければいけないのが、夜中から早朝にかけては駐車場の入り口が封鎖されていますので、この時間帯に車の出し入れをすることはできません。が! なんと! フロントに頼めば出来ます!

そうなんです、けっこう大きなホテルなんですが、フロントに頼めば親切にいろいろしてくれる、ていうですね、地方都市ならではの、アットホームさがありますね。

という感じで、ホテルに到着したのが 18:40 くらい。そこから、酒を飲んだり、このブログ用の写真を iCloud へアップロードしたり (だから、wi-fi あります!)、して、ダラダラして気付けば 20:00 手前。大浴場があるらしい、ということで、大浴場へ。

それで、この大浴場なんですが... いや、ね、泊まったのが日曜日なんですよ。そんなね、地方都市のね、シティホテル。次の日が月曜だ、ていう日にね、泊まる客なんて、よっぽどの物好きじゃない限りいませんよ。

その物好き、ていうのが、私なんですが。

で、その物好きが大浴場の前の脱衣所のドアを空けました、そしたらどうですか。

誰もいない。

ただ扇風機が全力で首をふっているだけ。

あれ、もしかして貸切か!? なんて思いながら浴場の方へ行くと、やはり誰もいない。

当たり前なんですけどね、日曜の夜に地方都市のシティホテルに誰が泊まるか、ていう感じなんですが、実際に泊まってみるとこの貸切状態。いやもう、最高すぎるでしょ。

それで、大事なところを洗って、まあ、そこそこで風呂から出て、ていうのも、最上階にあるレストランのラストオーダーの時間が差し迫ってからなんだけど、20:20、最上階のレストランへ。

こちらも誰もいない! 実質的には 1 組いたけど、割とすぐに帰りました。ということは、だから一人。やっぱ日程的なところですかね。日曜ですしね。そして運ばれてきました、誰もいない B 級・シティホテルの最上階で食べる B 級地元グルメ。なんかこう、食べるときに思ったんですが、ラノベ感があってとても良い。

ラストオーダー (20:30) ぎりぎりで入店したんですけど、ラストオーダーちょっと過ぎで料理を持ってくる厨房の手練れ、これも優秀過ぎて優勝、ていう感じですね。

ああ、この過剰気味の照明も過剰気味の空調も、自分のためだけに使われていると思うと、罪悪感と同時になんとも言えない B 級優越感にひたれる、と言いますか。ファッキン地方都市の B 級シティホテル、もしかして最高なんじゃないんですかね。

BGM がオルゴールの J-POP なのも、最高みを加速させます。ラノベみがあるんですよ。曲名は分からない。曲名は分からないんですよ、けど、確実にJ-POPだって分かる安っいメロディー。すごいな、そう考えると、J-POPにも旋律的な特徴があるんでしょうね、たぶん。

ちなみに注文したのはシラス丼とナスのステーキ。ナスがこういう感じで出てきたの始めてですよ!!!!!  なお地元のナスかどうかは分かりません。あと味は普通、ということで。

f:id:yzxnaga:20180401203242j:plain

f:id:yzxnaga:20180401203405j:plain

f:id:yzxnaga:20180401203506j:plain

まあ、食べ終わってですね、会計するんですけど、そこまでで、ホール係のバイト (おそらく) が、ぶっきらぼうにレジの清算の音を俺以外誰もいない店内に響かせてるのも最高でしたね...

ということで、今回の秋旅行なんですが、まあ、心残りがありつつも、概ね楽しめました、し、ホテル・タマイも非常に良かったです。

まあ、でも、高知市からだと、日帰りでいいですかね (笑)

今度、安芸市へ行く機会があれば、岩崎弥太郎関連を巡ったり、もっとしっかり市内を見て回りたいですね

【スポンサーリンク】