高知の田舎で耕すデータサイエンス農家のブログ

「高知と農業、あと哲学とか」からブログタイトルを一時変更中です

【スポンサーリンク】

雪の宿毛市・篠山へ (2021 年 1 月)

ここ数年、元日登山が恒例行事になっているので、2021 年の元日はどうしようか、と計画していたのですが。最初に思い付いたのが、宿毛市の篠山でした。

篠山の近くにキャンプができる場所があるらしく、年越しキャンプもいいかな、と。

ただ、年越しキャンプをするなら、唐人駄馬がいいかな、なんてことも思い付いたり。

だったら、唐人駄馬でキャンプをするなら、足摺の方にも低い山があるようなので、午前中というか、ご来光を足摺の山で見て、それから 10 時くらいから篠山に登ってもいいかな、ということにし。

ただ、天気予報を確認すると、どうも大晦日から元旦にかけてかなり気温が下がるようで、そうなるとキャンプは厳しそうなのでふつうにホテルに泊まって、初日の出を白皇山山頂で見ることにしようと決めて。

それで、その方向でいこうということで、いちおう、大晦日に白皇山の下見をちょろっとしたら、これは一人で暗い中を登っていると確実に迷うな、と思い (実際迷ったんですけど)、初日の出は足摺岬で見ることにして、初日の出の後に、白皇山に登って、ちょっと遅くなるけどそのあとに篠山に登って、正月そうそう、 2 つの山に登る、なんていう予定で動いて、実際、初日の出を見て、

白皇山に登って、

さて、順調に、次は篠山だ、と。

足摺から宿毛市に移動する際、Google マップにちょっと変な県道を走らされましたけど、車で。28号線。足摺方面から宿毛市へ行くのに、国道321号線ではなく、県道28号線を使うと、距離的に短いみたいで、Google マップがナビしてくれたんですが、かなりの山の中の道で、道路幅も狭く、なるべく通りたくないようなルートでした。これだったら遠回りでも、国道321号線を通りたいですね。眺めもいいし。

そういうこともあるということで、初めて通った道と言う事で、それはそれで良い経験になったのですが。

篠山へは、宿毛市の中心街からさらに1時間半ぐらい車でかかります。国道 56 号線から、愛媛と高知の境になる「愛媛の」県道 322 号線をずーっと愛媛の方、つまり山の方に向かいます。

13 時、県道 322 号線の入り口。こういった看板が立てられています。

f:id:yzxnaga:20210111092812j:image

Google Map によるとこの看板から約 20 分ほどで、篠山登山口に到着するとのこと。

ちなみに篠山は 90 分程度で往復できるそうです。登山口に到着して、登り始めるのが 14 時くらいだと見積もって、余裕を持って。それで、山行時間も余裕を持って 120 分くらいだと考えて、下山するのが 16 時くらい。スケジュールとして全く問題ないですね。

さて、県道 322 号線を愛媛方面へ向かっていると、篠山が見えました。

f:id:yzxnaga:20210111093558j:image

あれこれ、雪積もってないですか...
登れるかどうかは分かりません (雪道の装備は持っていません) が、とにかく、登山口までは行ってみることにしました。

f:id:yzxnaga:20210111093825j:image

やっぱり雪積もってますよね。また、この辺は平野部でも、雪が残っていました。

ちょっとワクワクしてきましたね。

さあ、いよいよ篠山の登山口が近づいてきたような、そういう看板が。

f:id:yzxnaga:20210111093828j:image

この先は、YouTube にアップロードした動画をご参考ください。

と、ご覧の通り、登山口まで辿り着くことができませんでした。

私の車、中古のセダン、ホンダ DOMANI ですので。

篠山はまた次の機会ですね。

 

 

【スポンサーリンク】