高知と農業、あと哲学とか

農業のこと, 高知のことなどなど. ゆるゆる更新する雑記ブログ

【スポンサーリンク】

ナポレオン・ヒルは詐欺本だった。ぴえん

f:id:yzxnaga:20200728103354j:image

ぴえんを初めて使ったよ

2 度目の大学受験のときに毎日実践してたんですけどね。いわゆる「引き寄せの法則」的なものも、半信半疑だったんですけど、やらないよりはマシかな程度な感じで、大学に合格するぞ、大学合格したらこういうことするぞみたいなことですね、毎日、リラックスして、想像たくましく、自分に言い聞かせてましたね。引き寄せの法則を現実にするために。

それで、見事合格したんですよね。そして信じた。だから、大学合格後も、毎日ではなくなりましたけど、ナポレオン・ヒルの本に書いてあることを、実践していましたよ。毎日でもないし、全部でもないんですけどね。

正直、正直言うと、やや胡散臭さを感じてたんですよ。今さら言うと言い訳がましくなりますけど。だから調べましたもの。一応ね、インターネットで、2013年か2014年かそれぐらいですかね。でもその当時はナポレオンヒルが一体どういった人物なのか、『思考は現実化する』の翻訳者が一体どういう人物のかといったような情報はあまりインターネットになかったんですよね。記憶が正しければ。Wikipedia のページもそんなに充実していなかったはずです。

それで、先日、昨日とか一昨日かくらいだったと思うんですけど、たまたま気になって、もう一度調べてみたんですよ、ナポレオン・ヒルについて、Wikipedia を。そしたら出典としてギズモードへのリンクが貼ってあって。

そこには「詐欺師」の文字。さらに気になって「ナポレオン・ヒル 詐欺」で検索してみた。そしたら、ギズモードを翻訳・まとめた記事がいくつかヒットしました。

『思考は現実化する』に書かれているような、ナポレオンヒルの経歴は、ほとんど嘘というか、証拠がないとのこと。

詐欺じゃん。

確かに、俺がナポレオン・ヒルを読み始めたのは確か2013年とか2014年くらいで、ギズモードの「詐欺告発」の記事が出たのが2016年なので、2013年、14年頃の俺は、ナポレオン・ヒルが詐欺師だったかどうかだって知る由もなかったわけですが。それでも。

詐欺じゃん。

ぴえん。

ぴえん初めて使ったけど。

ぴえんってこんな気分なのか。

【スポンサーリンク】