高知の田舎で耕すデータサイエンス農家のブログ

「高知と農業、あと哲学とか」からブログタイトルを一時変更中です

【スポンサーリンク】

中村逸郎氏による今後のロシア情勢予想

5月27日に放送された報道番組で、中村逸郎氏が、今後のロシア情勢について、予想を立てていました。

中村氏によると、6月12日がロシアの日で、この日にプーチン大統領が、後継者を指名し、面上職を退くということらしいです。

本当かいな、と思いますが、話半分に聞いておいたほうがいいですね。

中村氏は、ロシアによるウクライナ侵攻が始まる前から、民放のワイドショーなどで、よく目にしていました。侵攻以前は、ロシアについて、面白おかしく解説するような方で、興味深く視聴していました。侵攻以降、それまでの明るいキャラクターを抑えて真剣な表情で情勢について予想立てる場面も多くなりました。

中村氏はかなり大胆な考え方をすることで知られています。例えば、プーチン大統領は、現在は生物学的にも3人目だとか。

これもまた本当かいな、と思ってしまうんですが、一時期私は、結構本気に信じていましたね。というのも、今回のロシアによるウクライナへの侵攻をズバッと予想的中させたのは、中村氏だけだったからです。

多くの専門家が、ロシアがウクライナに侵攻することはありえないといったようなことを主張するなか、中村氏だけ、2月のオリンピックの後に、ベラルーシと一緒にロシアはウクライナに侵攻する、と予想していました。そしてその予想は、見事に当たりました。ロシアの軍事の専門家である小泉悠さんも、いつ進行してもおかしくないといったようなことを言っていましたが、時期までは明言できていませんでした。驚きましたね。だから、それからけっこう中村氏を信用していたのですが、最近はやっぱりちょっと話半分に聞いておくくらいがちょうどだな、と思っています。

まず私が不思議に思ったのが、日本記者クラブの記者会見に、ロシアの専門家として、まだ登壇していないことです (2022 年 5 月 28 日現在)。日本記者クラブでは、多くの専門家が、ウクライナについての解説会見をしているのですが、その中に、未だ中村氏の名前はありません。これはずっと不思議だな、と思っていたのですが、今回の進行について、他の専門家が解説するYouTubeチャンネル、例えば国際政治チャンネルで、中村氏の名前が上がることをもうあまりないですね。国際政治チャンネルで、ロシアが日本人入国禁止リストを発表したということも話題になりましたが、その時に、中村子の名前が出てくる事はありませんでした。ということで、中村氏は、筑波大学に長年勤めていたロシアの専門家ではあるけれども、他の研究者からちょっと距離をとられているのかな、とも思うようになりました。

ここ数日で、決定的になったのですが、けっこう日本の、いわゆる保守的なメディアに登場しています。そこで対談しているメンツが、いまいちふに落ちないというか、こういう人たちに呼ばれたらその場に行ってしまうような人なのかな、と思ってしまいました。そのメンツの中には、在日ウクライナ人ジャーナリストですかね? 政治学者でしょうか? グレンコ・アンドリー氏もいましたね。ちょっとグレンコ・アンドリー氏については、ウクライナ人なので応援しないといけないとは思いつつ、ちょっといくつか発言内容に同意できない部分があります。ただその、保守系のメディア? には、廣瀬陽子氏も登場していたりして、どうなのかな〜、と思うところです。

中村氏、話は面白いから好きなんですけどね。専門家の意見としては、話半分というかくらいの感じで聞いておいて良いかもしれません。

本人もロシア漫談だと言ってますしね。

【スポンサーリンク】