高知と農業 など

農業 / データサイエンス / 中小企業診断士試験 / 高知の自然

【スポンサーリンク】

農業のオープンデータと、収穫量予測: 2022 年 7 月 12 日

【目次】

日記

6:00 起床。もっと早く起きたかった。

山上氏について、またも考えた。彼は決して許されない。しかし、彼の動機を「そんな動機で」と片付けてしまうような人がいるから、今回の事件が起きたのだと思う。彼の悲痛な訴えを受け止められる社会であるべきだ。

7:00 から仕事。12 時過ぎまで。

仕事の合間に、農業のオープンデータについて調べたら、意外と Kaggle に公開されていた。「Yield Prediction」みたいなのもけっこうあった。覗いてみようかな。

昼は 14 時から 18 時まで。

18 時から、収穫量予測のデータ解析など。収穫量の 10 日間移動平均と、1 日の収穫量がまあまあな相関関係になることが分かった。相関係数 = 0.68 。

そのあと運動。筋トレとランニング。ランニングは最近ちょっと速くなってきた。筋トレ効果かな?

iPhone アプリ「花みっけ高知」について、花の説明ページに Amazon の商品ページへのリンクを貼ればいいのでは、というアイデア

21:00 前に大学の研究室に着。もう少し早く着きたい。

研究室ではブログの更新などをしていたら 1 時間くらい経ってしまった! こんなんではアカン!

山上氏について

安倍元首相の通夜、告別式が終わり、元首相は増上寺に納骨されたそうだ。

わたしは彼につきまとった政治的疑惑をしっかり追求すべきだと思っているし、国会での野党の答弁を小馬鹿にするような態度をみっともないと思っている。また、戦後レジームを脱却し日本をアメリカや中国と対等な主権国家にするという主張は理解できなくはないが、完全に同意はできない。そしてカルト団体の宣伝材料になっていたことは一国民として恥ずかしいと思っている。

しかし安倍元首相が主導した金融緩和政策はもっと進めるべきだった、と考えている。

だから今後、自民党内の金融引き締め派が幅を利かすようになったら日本経済はさらに厳しい局面に立たされるのではないかと危惧している。

だから私は、安倍元首相を政治家として全面的に支持はしないが、金融緩和派をまとめるという点では、政界に必要な存在だった。

それが、カルト団体の宣伝材料になったばかりに、カルト団体に恨みを持つ者に襲撃され、帰らぬ人となった。

残念だ。

安倍元首相を評価する人の中には、「まだイデオロギー的な動機の方がマシだった」と言う人もいる。わたしも事件発生 2 日目くらいまではそう思っていた。

しかし現行犯逮捕された山上徹也氏の遍歴を知るに連れ、「イデオロギー的な動機の方がマシ」だなんていうのはおかしいと考えを改めた。

一国の首相経験者を襲撃しようと思うほど募らせた気持ちの強さが、どれほどだったか。もうそれは個人では解決しようのないほど強さだ。その強さの前に、わたしは「(別の同期の方がまだ)マシだった」とは言えない。「そんな理由で」なんて言えない。

「そんな理由で」なんて思ってしまう人がいるから、山上氏は救われなかったのだろう。

農業のオープン・データセット

参考になりそうなもの。

収穫量のデータ解析

ある日の収穫量と、前日の収穫量の間にはまあまあな相関関係があった。

なぜこれを解析しようかと思ったのかと言うと、「株価は前日の株価と相関がある」という説を聞いたことがあるからだ。

また、ある日の収穫量と、収穫量の 1 週間移動平均にもまあまあな相関関係があると分かった。

これに気象情報をからめると、もっと精度の良い収穫量予測ができるかもしれない。

運動

  • アブローラー 10 回 × 5 セット
  • 腕立て伏せ 2 種類 10 回
  • バックランジ 20 回 × 3 セット

【スポンサーリンク】