高知の田舎で耕すデータサイエンス農家のブログ

「高知と農業、あと哲学とか」からブログタイトルを一時変更中です

【スポンサーリンク】

野外音楽フェスに 1 日行った場合、陽性者接触時間はどれくらいになる?: 2022 年 8 月 3 日

5:30 に起床。昨日も酒を飲んでしまいました。野外音楽フェス (フジロック) に行って以来、飲酒習慣が復活してしまいました。なんとかしないと。なんとかしないと、というのは、禁酒したいということですね

起床後、昨夜酔っ払ってできなかった動画編集を進めました。また、iPhone で作成した動画を YouTube へ投稿しました

6:45 から仕事。これくらいの時間から仕事を始めるのがいいですね。

午前中、ふと気になって COCOA を開くと、フジロック期間中に陽性者との接触があったという報告が。しかも 330 分! いやいや多すぎない?

f:id:yzxnaga:20220803205951j:image

さらに夕方になると、陽性者との接触時間は最終的に 500 分以上に。ということは 9 時間。ありえないでしょ? 一つのライブが 60 分だとして、そんな 9 組もライブ見てないし、となると、1 組のライブで周囲に 9 人以上の陽性者がいたという可能性もあります。フジロックに陽性者がいたのは正直言って仕方ないと思いす。今日時点で国内のコロナ感染者数は累計で 1300 万人。ということは、10 人に 1 人は感染しています。フジロックの今年の 1 日の来場者数は約 20,000 人でした。単純過ぎますが、フジロックに来場した観客のうち 1 日当たり 2,000 人が何らかの形で新型コロナに関わっていたことになります。

フジロックの現場にいたのは観客だけではありません。警備やフードの売り子などなど、現場にいた関係者の数は相当の数になるでしょう。

なので...、フジロックに行って新型コロナに罹っても不思議ではありません。フジロック運営側もそのことをちゃんと発表するべきだったでしょうね。開催後でも良いんです。今回は、2022 年は新型コロナ対策は失敗だった。そう、ちゃんと発表するべきでしょう。

フジロックは感染対策をしています」。それを信じて行った。でも事実として陽性者接触時間が 9 時間とかになった。明らかに失敗しています。

正直に言って、20 代前半の頃のような、フジロックへの盲信的な憧れというのは今はありません。でも、お気に入りの海外アーティストをハシゴできる、ていうあの快楽は、フジロックサマソニでしか味わえません。だからフジロックは (サマソニも) 存続してほしいです。

だから、今、フェスの在り方に問題意識が向けられている時期に、フェスの観客、消費者に説明する責任は、フェス運営側にあると思います。

 

【スポンサーリンク】