高知と農業、あと哲学とか

農業のこと, 高知のことなどなど. ゆるゆる更新する雑記ブログ

【スポンサーリンク】

サイトカイニンと花卉園芸

植物ホルモンの 1 つであるサイトカイニンには、

www.xtraetc.xyz

細胞分裂の促進、細胞の肥大促進、培養細胞からのシュートの形成、脇芽成長の活性化、植物体内の糖やアミノ酸などの天龍の促進、葉の老化抑制、主枝発達、形成層の発達促進、気孔の開口促進など、多様な生理作用があります。

【目次】

 

サイトカイニン剤

生合成されるサイトカイニンは、イソペンテニルアデニン (iP) やゼアチン (t-Z) です。しかし iP や t-Z はかんたんに代謝・分解されてしまいます。そのため、植物成長調整剤としては、サイトカイニンと同様の生理作用そ示すベンジルアミノプリン (BA) などの合成サイトカイニン剤が利用されています。

代表的なものはベンジルアミノプリン液剤です。

キクへの利用

キクは、挿し木で繁殖します。そのため、親株から挿し穂を採取します。親株にベンジルアミノプリン液剤を散布すると、側枝への脇芽の着生を促進し、多くの挿し穂を得ることができます。

生合成

サイトカイニンの生合成は、まず、イソペンテニル基転移酵素の働きによって、アデノシン三リン酸 (ATP) にジメチルアリル二リン酸 (DMAPP) が結合し、イソペンテニル ATP が作られ、その後、速さが水酸化されて t-ZRTP が作られます。この 2 つの物質からリン酸とリボースが外れ、活性型サイトカイニンである iP と t-Z が合成されます。

植物体内には、iP や t-Z の 9 位の窒素にリボースが結合した [9R]iP や [9R]Z も多く見られますが、これらには活性がありません。

【スポンサーリンク】