高知と農業、あと哲学とか

農業のこと, 高知のことなどなど. ゆるゆる更新する雑記ブログ

【スポンサーリンク】

ダウンロードした Twitter データを見られない問題

どうやら Twitter の仕様変更により、ダウンロードした Twitter データを簡単には見られないようになっているようです。

このままだと安心してアカウントを削除できないんですが...

いまのところ、以下のウェブサイトを参考にすると、なんとか閲覧できそうです。

このサービスもいつまで保つか、といったところですね。そうなった場合、自分でプログラムを書くしかないわけですが。

ということで早速、「 
tweet.js loader - 全ツイート履歴 表示er」を試してみました。ダウンロードしたTwitterの情報を見やすく表示するためには、このサイトへ、自分のツイート・データを読み込ませます。Twitterアーカイブのデータは、自分の場合は、2 GB 近くあったわけですが、その中でも、自分のツイート・データ(「tweet.js」)だけであれば、数MB。ですので、データ読み込みにはそんなに時間はかかりませんでした。データが読み込まれた後、自分のツイート情報が、非常に見やすく、ブラウザに表示されました。

「これで安心してTwitterのアカウントを削除できるな…」と思っていたのですが…。なんと、過去およそ2年分ぐらいのツイートを見ることができません。自分は確か、2009年からTwitterを使ってるはずなので、2009年頃のツイート履歴があってしかるべきなのですが、自分が取得したtweet.jsを「 
tweet.js loader - 全ツイート履歴 表示er」に読み込ませたところ、2011年6月からのツイートしか閲覧出来ませんでした。

おそらく、「 
tweet.js loader - 全ツイート履歴 表示er」に原因があるのではなく、そもそも、ちゃんとデータがダウンロードできていない可能性があります。つまり、Twitter側の問題と言うことです。おそらくですけど。というのも、tweet.js をメモ帳で開くと、案の定、最も古いツイートが取得されていませんでした。「自分でツイ消ししたんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、ためしに、Twitterを、「since」や「until」で検索してみると、確かに、自分が2009年は2010年にツイートしたと言う履歴が残っています。

つまり…、ツイートのログがちゃんとダウンロードできていないのです…

もう一回ログのダウンロードをやり直すしかないですね。Twitterのアカウントを削除するのは、もうしばらく先のことになりそうです。

【スポンサーリンク】