高知と農業、あと哲学とか

農業のこと, 高知のことなどなど. ゆるゆる更新する雑記ブログ

【スポンサーリンク】

葉温の光合成への影響

葉温 (leaf temperature) は, 気温, 光強度, 湿度, 風速などによって変化します.

光強度が強まるほど葉温は上昇します. 上昇した葉温は, 効率的に葉から熱が取り除かれるない場合, 高温になります.

ふつう, 葉は蒸散による気化熱によって冷却されます. そのため, 気温と葉温にはほとんど差はありません. しかし, 根の水分吸収が円滑に行われていない場合, 蒸散が滞ってしまい, 葉温が急激に上昇します.

【目次】

 

葉温の光合成への影響

葉温の急激な上昇によって, 呼吸量が増えてしまい, 正味の光合成量の減少や, 光合成に関連する酵素の活性が抑制されてしまいます.

 

www.xtraetc.xyz

 

その結果, さまざまな体内成分の分解が誘発されます. 最終的には, 葉が枯死することもあります.

葉温の上昇を抑える遮光の影響

高い気温が生育の制限要因になっている場合, 葉温の上昇を抑えるために遮光 (shading) が行われます. しかし遮光の結果, 光合成に適した光強度を確保できずに, 生育の停滞につながることがあります.

たとえばシクラメンは, 冷涼な環境を好み, 光合成の最適温度は 15 〜 20 度, 光飽和点は 800 μmol・m^(-2)・s^(-1) 程度です. 夏の関東地方の平地では, 最高気温が 35 ℃ 以上になることもあって, 気温がおもな生育制限要因になっています. 光による気温と葉温の上昇を抑えるために, 50 〜 75 % 程度の遮光が行われています. しかし, 遮光した場合の光は, 最大でも 400 μmol・m^(-2)・s^(-1) 程度になってしまい, シクラメンにとっては光強度が弱く, 生育が停滞してしまいます.

【スポンサーリンク】