高知と農業、あと哲学とか

農業のこと, 高知のことなどなど. ゆるゆる更新する雑記ブログ

【スポンサーリンク】

Python における複数データの取り扱いと関数定義

list、set、dict は、数列などの複数のデータを一つとして取り扱いた時に使用するデータ型です。また def は、関数を宣言する際に使用します。

[目次]

list

list 型の特徴は複数の値を順序付けて格納することができる点にあります。値に順序をつけて格納していくため、すでに覚王されている値と同一のものを別箇所に収納することがえきるという特徴もあります。

#入力例
smpl_list = [1, 2, "1", ["a", "b"],1]

print(smpl_list)
print(type(smpl_list[2]), smpl_list[2])

#出力例
[1, 2, '1', ['a', 'b'], 1]
1

set

set 型は、同一内容のデータの重複が許されません。list 型とは違ってデータに順序はなく、一つの集合として認識されます。

#入力例
smpl_set = {1, 2, 2, 3, 4, 4}

print(smpl_set)

#出力例
{1, 2, 3, 4}

dict

dict 型は、データが必ず key と value のセットで格納されています。key と value はついになっており、key に関しては set と同じように、同一内容のデータの重複を許しません。key と value が対であるため、key を使って対応する value を呼び出すことができます。

#入力例
smpl_dict = {1:0, 1:1, 2:"2", 3:"3", 4:"3"}
<200b>
print(smpl_dict)
print(smpl_dict[4])

#出力例
{1: 1, 2: '2', 3: '3', 4: '3'}
3

def

def は関数を宣言します。そうすると、def で登録した処理が、登録名を呼ぶだけで実行されます。煩雑な処理を何回も繰り返して行いたい場合は非常に役に立ちます。

#関数の定義
def smpl_function(x):
    if not type(x) is int:
        print(x, "is not integer.")
    elif x%2 == 0:
        print(x, "is even number")
    elif x%2 == 1:
        print(x, "is old number")
#実行
smpl_function("XXX")
smpl_function(0)
smpl_function(1)
smpl_function(2)
smpl_function(3)
smpl_function(0.0)

#出力例
XXX is not integer.
0 is even number
1 is old number
2 is even number
3 is old number
0.0 is not integer.

【スポンサーリンク】